ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> Music > 似ているのは当たり前?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似ているのは当たり前?

2007 - 08/24 [Fri] - 23:17

ギター講座のブログでは、採譜したものを少しずつ提供しているのですが、分析していると日本人と全く同じような指導方法をしているのではないか?と思うことがあります。

特に思うのはオランダのギタリストお2人。Jesse Van RullerとMartijn Van Iterson。聴けば聴くほど日本のジャズ教育と合致している気がします。まぁ、ジャズ教育というのは大げさかも知れませんが、私が習ったときに大切にしていた部分や、今、指導する側となり大切にしていることがしっかりと練習されている気がします。日本でJesseが人気なことと全く関係ないようでいて、実は多少は関係しているのではないでしょうか?フレーズの美的センスが日本と似ているのかも知れません。


話は少し変って、ある知人の話。この方は管楽器プレイヤーです。脈絡がないようで一応話は繋がっています(^^)この方、もとはクラシック出身なので耳が非常に良いのですが、いかんせんジャズを聴く量が少な過ぎなのです。私はこの方に色々、曲を聞かせてあげたり、一緒に演奏したりしていますが、

「この人は○○に似ている・・・・あの人は○○に似ている」

との発言をします。ブラインドテストのようですが、意外と当たっているので、「最初は良い耳をしているなぁ」と思っていたのですが、いつまでたっても○○に似ている・・・なんです。

確かに○○に似ているというのは、比較的わかり易い言い方です。でも、この演奏は○○に似ているなぁと決めてしまうことで、重要な箇所を見逃してしまっている気がするのです。上達する上では必要な箇所を。

それは、そのミュージシャンの個性。多くの偉大なミュージシャンの影響を受けてきたのですから、その似ているミュージシャンの影響から本人がどのように発展させてきたのかをキャッチ出来ていないようなのです。

ジャズミュージシャンは、過去の偉大な演奏を自身の中に取り入れ、更に発展させてきたのですから、言ってしまえば「誰かに似ているのは当たり前のこと」なんです。似ている度合いは様々ですが・・・。

こんな文章を書いていると師・佐藤允彦さんが言っていたことを思い出しました。細かい言葉は違うと思いますが、
「通常、曲作りは何かをヒントに発展させて作りあげる。でも私は曲を作ったら、自分の中で過去聴いたことがある全ての音楽と一致しないことを確かめる」そうなんです。すごいでしょ?この言葉を聞いた時、感動しました。そうありたいものです。

佐藤さんの言葉は作曲に関することですので、少し置いておいて。ジャズの演奏で、似ている箇所を挙げ始めたらきりがないでしょう。多くの曲を聴いている人ほど、似ている箇所を多く挙げることが出来ると思います。そんな事よりも、どう面白く発展させているかを聴いた方が良いのでは?と私はいつもお話するのですが・・・・ピンとは来ていない模様なので、いつもそんな話になります。

と、こんな話になったのも、前述のJesseとMartijnの演奏の共通項と、個々の発展方法の違いを言うことが出来れば、「日本で学べるジャズとオランダのジャズが似通っているのでは?」という見解も理解して頂けるような気がしたからです。



【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座

こんにちは。
忍さん、初めまして。

ギターの演奏理論云々に関しては全く関心がありませんが、ええこと言うたはるなぁと思いコメントさせてもらいます。

>「この人は○○に似ている・・・・あの人は○○に似ている」

こういった聴き方をされる方は本当に多いですねぇ。おっしゃられるとおり似ているのは当たり前ですね。大切なのは演奏者の持っている、ノリや語り口、音色や構成、視点といった個性的な部分だと思います。

そこを賞味できないならば、ジャズはもう古典芸能に成り果ててしまうことになるのだといえます。

確かに様々なジャズの理論やテクニックを型どおりに演奏することにキュウキュウとして個性を発揮することが出来ない演奏者もたくさんいますが。

演奏者であり、ジャズの教育者である忍さんからこういう発言があることをとても嬉しく思いました。

またちょくちょくのぞきに来ます。

晩年のエドとデズモンドのアルバム折にふれ聴いています。とってもいいですねぇ。




sonnyさん

はじめまして、ご来訪&コメントありがとうございます。ジャズの聴き方もまた、ジャズの演奏を沢山聴くことによって養われ、成長していくものなのか?そうであってほしいと願う日も多くあります。

sonnyさんの仰るような「様々なジャズの理論やテクニックを型どおりに演奏することにキュウキュウとして個性を発揮することが出来ない演奏者」が生徒の中に多いのも事実です。

個性までは指導出来ない、と言いますか個性を壊すようなレッスンはしたくないのですが、個性の重要性に気付いてもらうのはとても難しいと感じています。口に出して言ってしまえば、その重要性に生徒は気付きません。本人が自分で気付く必要があるように感じるのです。

ここ半年ほど演奏のスキルを指導する以上に考えさせられる内容になっています。

エドとデスモンドの組み合わせは最高ですよね。
私も大好きです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/29-c140d2a3

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。