ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> Guitar School > コンテンポラリージャズの先を見る  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンポラリージャズの先を見る

2014 - 12/19 [Fri] - 09:44

先日は忘年会で非常に有益なお話が出来ました。
生徒さんには感謝しています。
今日はちょっと真面目な話。
プロ志向の方達に向けて書いていますので、
趣味でやっている方は流して下さいね。

思えば、私がジャズギターを始めた頃。
すでにMethenyやScofieldの音楽も沢山あった訳ですが、
私には何をやっているのか分かりませんでした。

当時は、伝統的とでも言いますか、
Joe PassとJim Hallの演奏にどっぷりと浸かっていました。
勿論、同時期のKenny BurrellやGrant Green、Wes Montgomery、
Jimmy Raney を頻繁に聴いていました。

ある時、友人のギタリストから
布川俊樹さんの教則ビデオシリーズをみせてもらったのですが、
演奏(サウンド?)が新し過ぎるのか何なのか、
全然ついていけなかったように思います(笑)
ジョンスコフィールドの教則ビデオも同様。
伝統的なジャズが良いのに、
一体、何故そうするのか?分かりませんでした。

時を経て、現在はMetheny、Scofieldの時期の演奏も消化し、
私は一人のアーティストとして、
勇気を持って過去の焼き増しをしないようにしています。
私の中では自分が師匠達から学んできた伝統をずっと大切にしていますが、
それを自分の時代で聴いてきた音楽、影響を受けた様々な事から
進化させることこそ、必要だと思っています。
だって、最後の師匠ポンちゃんは
「70歳を過ぎても、尚進化しようとされていました」
ビバップフレーズを弾くと
「ボクはそういうのは、嫌なんだ」って言われてしまう(汗)

●初期がチャーリークリスチャンをはじめジャンゴ、
オスカームーア、マンデルロウ、ジョージヴァンエプスあたり。
生きていたら大往生。

●ケッセル、エリス、バレル、ウエス、グラントグリーン
きっとジョーパスや、ぎりぎりベンソン、
マルティーノ迄が次の世代でしょうか。スタイル的にかも知れません。
年齢で言えば、70〜80代?
私がジャズを始めたきっかけもこの世代のジャズ。

●そして、メセニー、スコフィールド、アバークロンビー、フリゼール世代。
香津美さんや、布川さんはきっとこの世代。
50〜60代の世代。

●ピーターバーンスタイン、カート、ジェシを筆頭に
モンダー、ロジャース、ラゲ、モレノ、ヘクセルマン、ジョナサン、
若いけどジュリアンもか。ここが、私が生きている所。
30〜40代の世代。コンテンポラリーと言われています。
まぁ、当然、私が習っていた時に、
このあたりを教えてくれる先生は皆無でした。

しかし、今の10代〜20代前半までの生徒の中に、
次の世代のジャズが生まれつつあるのを、最近ひしひしと感じています。
演奏スキルはもの凄く高いですが、音楽としてはまだまだ荒削りな感じ。

そういえば、私が最初にカートを聴いた時、
ゲイリーバートンのアルバムでの演奏もそうなイメージだったような。
(ジムホールやBB Kingが参加している盤・・・・名前を忘れた・・・)
荒いけど新時代の幕開け・・・そんな感覚だった気がします。

ただ、カートを聴いた時と明らかに違うのは、
自分自身が、その新しい音楽についていけないかも、と感じてしまうこと
カートの時は、もっとスッと音楽に入っていけた気がするのですが・・・。
やはり感覚の違いなのかも知れません。

New York スタイルのギターが色々ご紹介されていますが、
現在の10〜20代の生徒にとっては、
ジャズを始めた時に既にコンテンポラリーが存在していたわけです。
きっと私がメセニー、ジョンスコに感じた時と同じで、
新しくて何をやっているか分からないけれど、
スっとコンテンポラリーに入っていけると思います。

だからこそ、もう一歩先を見て欲しい。
「コンテンポラリーの先を見る」ためには、
過去の音楽にしっかりと敬意を払いつつ、
自分の音楽にしっかりと目を向ける事です。

まぁ、大雑把に年齢で区切ってしまいましたが、
「自分の音楽」を大切にしましょう。
そこに未来があると思っています。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 東京新橋 横浜のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これはオムニバス?モンダー参加盤?



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/2310-65714762

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。