ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> Guitar School > どんな方でもWelcomeです  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな方でもWelcomeです

2014 - 01/28 [Tue] - 15:53

今更ながら、やっと神戸と大阪
そして、京都、奈良の位置関係を把握出来たヤマダです(笑)
いつか、京都と奈良の寺巡りをしてみたいデス。

今日は自分以外にCarvin HH2を初めて見ました。
ナチュラルカラーのHH2トレモロ付き^^
今回は時間がなかったのですが、また時間ある時に
弾かせてくださ~い。

今日は体験レッスンもありました、早速入会頂けました。
クラシック、フラメンコは勘弁して頂きたいのですが、
ロックも、ポップスもブルースでも、
勿論、ジャズ、ボッサも大歓迎であります。

最近は私のギターレッスン経験値がLevel.99になっているので、
どんな方でも、楽しくお話し出来てしまう自分が居ます。
ペラペラ喋るようになったら音数も多くなってきたという・・・。
でも、基本、お喋り好き(みかけはそうじゃなくても)は
やっぱり音数が多いです(ギター心理カウンセラーヤマダ氏談・・・笑)

「音楽が好きでギターが好き」だけで十分なのです。
ジャズに没頭していた時期は他ジャンルを否定した頃がありました。
でも、それは過去の自分を否定しているのと同じ。
ロックもジャズもブルースも好きです。
聴くだけならクラシックもたま~にで聴いています。

でも、それ以上に私自身は、
子供に物凄く成長させられたと思っています。
耐える事もそうですし、教える事もそう。そして、あえて待つ事も。
何よりも生き甲斐が出来るって素晴らしい事ですよ。

そして言霊ってのもそう。
マイナスになりそうな言葉はあまり自分から発しないようにはしています。
自分の言葉を子供が真似するんです。普通に汚い言葉を使いたくなくなります。
「自分がこうしたい」って思っていても
そうならない事も沢山あります。それもまた人生。
いちいち反応せずに、それをそのまま受け止めればいいんです。

ウンチク言い始めるとオッサンになったな・・・と思うのですが、
長い長~い、確定申告書類の整理がや~~~っと終わったので、
今日は絶賛酔っ払い中です。あとは税理士のF先生にお願いします。

今回の神戸スケジュールもあと僅か、
順調にいけば、今月の神戸だけで8名の新規入会です。
ありがとうございます。
「クールなスクール目指して今宵も頑張ります」
↑オヤジギャクなのか、なんなのか、ホンマ分かりませんね(笑)

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 東京新橋 横浜のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
pat maltino


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1920-b8f80c5f

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。