ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> Guitar School > 伴奏の練習方法  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伴奏の練習方法

2013 - 11/03 [Sun] - 23:14

レッスンをしていると色々な傾向があって面白いです。
第〇期生・・・じゃないですけど、
数年毎に仲良しグループが誕生して、
同じレベルに近付いていく・・・という不思議な傾向もあります。
これは男性グループでも女性グループでもそう^^


で、最近気になっているのは、
伴奏が苦手な方が多い・・・という事。
「あっ・・・自分の事だ!!」って思う生徒さんは
たぶん、10名以上いらっしゃると思います^^
以前に比べるとレッスンでのDuo演奏量は確実に上がっているのですが、
もっと伴奏への意識が上がると、ソロにも影響を及ぼす事を理解してほしいです。

■1)曲が覚えられる。
いつまででも、譜面を見ながら演奏していたら、
ソロに集中出来ませんよ。

■2)コードトーンの配置が分かる。
コードフォームがパッと押さえられる辺りのポジションは
ソロが演奏し易いと思いませんか?

■3)音楽の展開を考える事に繋がる。
ソリストがせっかく盛り上がっているのに、
もしくは、しっとり演奏しようとしているのに、
カラオケのように、同じコードを同じようにばかり弾いていませんか?

■4)他の楽器のやっている事に意識がいく。
常に音楽全体を聴くことが出来るようになっていきます。

■5)いずれはコードソロへと展開可能。


などなど。

では、伴奏って、どうやればいいの?

まずはタイムです。どの位置にコードを入れるか?
これはいつも言っているのですが、
良い伴奏者を聴くことではありません。
ピアノトリオのピアニストの左手を聴くんです。
その位置をCD聴きながら、歌ってみましょう。
小さい頃、アニメの歌をうたっていた自分を思い出して(笑)
歌は当然、歌うんだけど、間奏の伴奏も歌っていなかった??

右手のラインに呼応するかのようなタイミングだったり、
右手のラインを強調させるようなタイミングだったり、
グルーブを作りだすタイミングだったり、
伴奏のタイミング1つ取っても色々あります。
一人おススメのアーティストを挙げるとすれば、この人
流麗な右手ばかり聴いていてはいけませぬぞ。


私は伴奏が大好きですし、
ソロよりも遥かに時間をかけてコードワークを練習しました。
伴奏している時間の方が長いわけですし、
ジャズのソロギターの和音って素敵だと思うんです。
コードを入れていく可能性はまだまだあると思います。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 東京新橋 横浜のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピアノ用だけど、どうなんでしょ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもコメントありがとうございます。

そうですね、どのジャンルでも大切なことだと思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1819-976134a4

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。