ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> Question And Answer > 速過ぎて採譜出来ません!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速過ぎて採譜出来ません!

2013 - 10/10 [Thu] - 14:47

先日、耳コピーが大切ですよ・・・という記事を書きました。
早速、生徒の皆さん、チャレンジされているようで嬉しいです。

【質問】速過ぎて採譜出来ません。

という質問を頂きました。
どのような楽曲を採譜されたのか分かりませんが、
いきなり速いパッセージを取ろうとしても聴き取れません。


【答】採れる所から採譜しましょう。
本当に弾きたい!と思えるラインなら
間違っていてもいいので頑張りましょう。


今はキーを変えずに速度を落とせるそうです。
・・・そうです・・・というのは、
実は、私は今まで速度を落として採譜をした事がありません。
カッコよく言っているだけなんですが、
単にアナログ人間なんですよ・・・。
速いラインを採る時はだいたい、一緒に歌うように心掛けています。

本当に分からない音は、その音が出た所でCDを止め、
今、歌っている音をギター上で探す。

でも、間違った音を弾き続けると、
自分の歌っている音がだんだん自信なくなってきて、
またCDを再生。同じ個所で止めて歌いながら探す。
そんな事を繰り返します。

CDはまだ楽です、巻き戻しがボタン1つの操作で可能ですからね。
LPから採譜した時は、丁度良い場所へなかなか戻せずイライラしました。
CDラジカセは何台か壊しました。
絶対「巻き戻し&再生」のし過ぎかと(笑)

ある程度慣れてくると、
■物理的に、この音が出てくるのはあり得ない(ギターの採譜の場合)
■理論上、この音はあり得ない
■この人はこういう音遣いの傾向がある
■弾いた事がある音型に聴こえる(例えばドミソ・・・のような)

という、予測がきくようになってきて、
段々と採譜するスピードが上がってきますよ。



【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jesse Van Ruller参加盤

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1789-75f08ed2

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。