ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> advice > 【ジャズギター】とことん不足  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャズギター】とことん不足

2013 - 06/27 [Thu] - 00:19

「アドリブで自由になるにはどんな練習をしたらいいか?」
これはよく聞かれる質問です。
昨夜も生徒から質問メールが来ました。

「とあるミュージシャンの演奏をYouTubeで見ていたのですが、
あんなに自由に出来たら楽しいだろうなと思います。
どうやったら、自由な演奏が出来るのでしょう?」

という、質問でした。

「絶対出来るようになろう!」と思いながら、練習を続けることでしょうね。
悩む以上に練習をしましょうね。
私はレッスンでも「量が質に転化します」と、
とことん練習する事を勧めています。
出来ない人は、この「とことん」が足りないのです。





と、いつもならこれぐらいで書くのをやめてしまうのですが、
この悩みを抱えている人は多いので、もっとしつこく書きましょう。
それこそ、「とことん」です。
少し言葉が悪くなる箇所も御座いますが、ご容赦下さいね。

今まで関東で本当に多くのジャズ習得を目指す方をレッスンしてきました。
うまくいかない方の多くは、この「とことん」不足なのです。
教室を途中で去って行ってしまう方の中には、
「ジャズの練習が楽しくない」「レッスンが辛い」と言って、
教室を去っていく方もいらっしゃいました。
この「とことん」を伝えることが出来なかったから、
それは私の責任だと思っています。

でも、何度も言葉で説明しています、
何度もメールで文章として書いて送っています。
それでも分かってもらえないのが、私はいつも悔しいのです。
深い意味もなければ、難しい事でもありません。
その言葉をそのまま実行してもらうだけ、
ただ、ただ単純に「反復回数」が必要なのです。


例えば、ジャズ初心者の方であれば、
1つのジャズフレーズ(別に誰かのフレーズでも良いです)を
何度も何度も弾きます。CDと一緒になるまで弾きます。
そして、一緒に弾けるようになってもまだまだ弾きます。
色んな曲でも、何度も弾きます。

模倣して、とにかく模倣して、それでも模倣して、
やっと少し自分の演奏に溶け込んできます。
それでも、まだ「やっと」です。
ジャズというのは、そうやって身体に染み込んでいく伝統芸術です。
そんな練習をとりあえず100個ぐらいのフレーズでやってみてはどうでしょうか。

私に騙されたと思って、
とことんやってからご自身の気持ちをぶつけてください。
とことん模倣をする前に、
他にうまくなる方法があるかを探しても、結局は同じなんです。
出来ない人の思考回路です。
それで講師を信頼していると言えるでしょうか?
近道を探したりせず、同じことを何度も何度も演奏すれば、
だいたい技術や知識は一緒に鍛えられてくるものです。
辛いですよ、こんなんで良いのか?って迷いますよ。
そんな時のために私が居ます。
だから、辛かったら一人悶々とせず言って欲しいのです。

でも、普通に考えて、
●スケールを順番に弾いているだけでバタバタしているのに、
ソロで自由に弾けるわけじゃないでしょう?
●テンポから外れてゆっくり弾いていても間違えていて、
3,4回弾いてやってまともに弾けるレベルなのに、
アドリブで合うはずがないですよね。
●今弾いている音が即座に分からないのに、
音が狙えるはずがありませんよね。
フレーズの1音1音、度数を把握する前に、
やらないといけない事がありますよね。

頭で考えて弾くのも大事ですが、
考えて弾く・・・以前の問題の方も多いです。
レッスン途中までは、うまくいっていたのに、
いつからか、スケール練習やコードトーンの学習、
新しいフレーズなどを取り入れる練習、新しい楽曲を学ぶ練習
こういった事に時間を割かなくなってしまう方もいらっしゃいます。

理解度や技術は生徒一人一人違います。
ロックでも、ジャズでも全て同じで、
学習していて、停滞しているな・・・と感じたら、
それは間違いなく、「とことん」不足です。

不器用であれこれ出来ない人なら、自信を持ってください。
ジャズ習得には1点をしっかり練習する必要があります。
器用に色々出来るなら、自信を持ってください。
ジャズ習得には様々な内容を並行する必要もあります。

矛盾してますか?器用も不器用もジャズ習得には関係ありません。
出来ないと感じていても、
今出来る精一杯をして、ジャズの練習を楽しめる工夫をすれば、
とことん練習出来ると思います。
願わくば、いつも少しだけ背伸び出来たら最高です。

【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kindleには気になる教本が一杯。
















コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1594-0ddaeb21

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。