ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> advice > 頭で音楽を聴かないように  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭で音楽を聴かないように

2013 - 04/21 [Sun] - 01:07

先日、ほとんど同時期に
「ボク一人だと、先生みたいにガッツリ練習出来ないんです」
って、話を聞きました。そうかぁ~。
私は確かに、一人でもガッツリ練習します。
凹んだら余計に練習するタイプでした。
練習に疲れたら採譜して、するとまた弾きたくなって練習!みたいな。
狂ってますね(汗)

細かい理論なんて当時はよく分からなかったけど、
採譜したものを自分の演奏に取り入れるように、
とにかく弾く。弾けなければ、分かってても楽しくない。

クリスポッターの音遣いとか、キースの音遣いとか
マークターナーの音遣いなどなど、昔から採譜して真似してきたけど、
未だに、「どういう理論で使っているんだろう?」って思う時があります。
今じゃ、考えなくても出てくるほどなんだけど(笑)
分かってなくても、「ほら、あの時のキースのこの音!」みたいな感じで
使っていることなんかもあります。
それでも、弾ければ楽しいですよ。

「読譜の練習を沢山やってしまうんですよ」っていう生徒さんが、
実は物凄く多いのです。でもでも、そんな方は要注意ですよ。
”音学”の道へ片足を突っ込んでいる状態です。
私自身、譜読みは強い方だと思いますけど、
アドリブの練習より沢山はやる気になれません。

本当にやりたい事を見失ってはいけません。
読譜なんて、レッスンでOKがでたら、
また次のページがくるだけです。
マイペースにコツコツ少しずつで良いんです。

カッコいいソロを弾けばいいんです。
誰かのソロを真似すればいいんです。
よく聞いて、そっくりになるよう弾けば、
その偉大なアーティストがある程度のレベルまで連れて行ってくれますよ。
だから、いつも「こんな風に弾きたい」というイメージを持ちましょう。

イメージがなかったら、
せっかくスケールを覚えても順番にしか弾けないでしょ?
ソロを全部コピーしなくて、1節だけでも、
いちいち音を採譜しなくても、聴いて・・・こんな感じって、
手探りで音を探すだけでも良いんですよ。

レッスンの課題をやらないのはいけませんが、
レッスンの課題ばかりやっているのはもっといけません。
・・・微妙な言葉ですね~。やれって言っておいてなんですが、
理想は、課題が自分のソロに自然と溶け込んでいること。

例えば、スケールばかり見て弾いているから、
音を外しているのに気付かなかったりします。
スケールを弾くことに夢中になり過ぎてはいけません。
スケールが弾きたいんじゃなくて、音楽がしたいのでは?
そんなに順番にスケール弾いてて楽しいですか?

音楽をするために、スケール練習をするんです。
音楽をするために、理論を学ぶのです。
音楽をするために、耳を使うのです。

もう一度・・・・「耳を使うのです。」
もっと聴きましょう。耳の能力は凄いですよ^^

【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Eye of the hurricane速い・・・(汗)


これも面白そう
The Michael Brecker Collection: Tenor Saxophone



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1487-fc2201b9

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。