ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> advice > 練習12箇条  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習12箇条

2012 - 08/22 [Wed] - 13:06

つい先日、ウィントン・マルサリスの練習12箇条を生徒さんにご紹介しました。
もう随分前に知ったので、私自身忘れていて説明をしていなかったのですが、
良い機会だと思い、思い出したついでに他の生徒様にも説明。

1. Seek private instruction
客観的な意見をしっかり聞くことです。
声が生徒の心まで届かない事がたまにあります。
言われた事を、すぐ頭で検証するんじゃなくて、
言われた事を、とりあえずやってみて、検証するんです。
やってみなきゃ気付けないことの方が多いんですから。

2. Make a schedule
漠然と練習しないように。今日は何を練習するのか決めてからです。

3. Set goals
どうなりたいのか?大きな目標をかかげ、
その為に何をやっていけばいいのか?小さな目標を立てます。
今のレッスン内容だけをこなしている人がとても多いです。
今、与えられた課題だけ出来れば良いという話ではないのです。
セッションパーティーが近付いて、
過去の曲を譜面を見ないと弾けない方が多過ぎるなぁ・・・と実感。

4. Concentrate
練習は集中して行いましょう。だらだら弾いているのは練習ではありません。
だらだら1時間練習するより30分の集中した練習。
つまり、練習計画や目標がないと出来ないのです。

5. Relax and practice slowly
慌てていては良い音楽は出来ません。
気持ちを落ち着けてのんびり構えましょう。
いきなり速いテンポを目指さずに、ゆっくりな演奏を行い
きちんと音が伸びているか確認しましょう。

6. Practice hard parts longer
難しいラインや、頭の考え方などに時間をかけましょう。
レベルが上がっていけば、当然、すぐに効果が感じられなくなります。
だから、練習をやめてしまう人が多いのですが、
難しい事こそ、時間をかけなくてはいけません。

7. Play with expression
それはどんなニュアンスですか、
どんな長さ?どんな強さ?どんな流れ?
ジャズではお勉強的に合っている音を出すことに意識がいってしまいますが、
いつも音楽的であることが必要なのです。
もっとも大切なのはインテンポで練習することです。
音楽を止めることほど、非音楽的なことはありません。
なのに、練習では間違えては止めて、少しやっては止めて・・・・
と考えてばかりでは、音楽とは言えません。

8. Learn from your mistakes
間違えた事から自分の練習課題が見えてきます。
練習しててどこを間違えたのか?それが分かっていれば、
そこを練習する術が見えてきます。
ゆっくりと、計画を立てて、丁寧にこなしていきます。

9. Don't show off
音楽の質は大道芸ではありません。
良いなと感じるモノは技術的な事以外にも沢山あります。
人を驚かせる音楽ではなく、感動させる音楽を考えましょう。

10. Think for yourself
レッスンでは同じ内容でも、一人ひとりに合わせて
微妙に内容を工夫しています。生徒はそれを実践して
練習方法を更にもうひと工夫、アレンジしてみる事です。
上達の早い生徒は、1いうと10の内容を実践&検証してきます。
「実践&検証」というのが大切です。
「検証」だけでは頭でっかちになりますよ。

11. Be optimistic
常に楽観的でいましょう。音楽を人に演奏するのに自分達が楽しむな・・・・
なんて言う人が居るかも知れませんが、私は違うと思います。
自分達が楽しんでいないで、どう人に伝わるというのでしょう?
勿論、程度の差はありますけどね。何も考えず楽しんでいるわけではありません。
ジャズ学習者が、本当に凹む気持ちはわかります。
私自身も通ってきた道ですから、
でも、ジャズミュージシャンはみんな心の中は結構遊び心一杯なんですよ。
凄く真面目なんですけど、めちゃくちゃ遊んでるんです。

練習は辛いです。でも、一人でダメだ、ダメだと思っていないで、
まず人と一緒に楽しむことを知りましょう。
出来ない内容があっても「くそ~難しいな~」と楽しみましょう。
知っている人は知っていると思いますが、
出来たところで、次にまた大きな課題が見えてくるんです。
楽しまなきゃ、やってられないでしょ?
因みに私は次の課題が見えなくなったら、ジャズを辞めます。
出来ないから面白いんですよ。出来るようにしたいんですよ。

12. Look for connections
意外なモノと関連していることがあります。
音楽は聴覚の芸術です。生きている中で出会う様々な事柄と
音楽との関連性を探してみましょう。
様々な一流を経験してみましょう。分からなくても
肌で感じて、考えることであなたの音楽の深みが増してくるでしょう。


【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これだったかなぁ?
マルサリスが子供達にジャズを教えている現場を生で観ましたが、
それはそれは感動しました。


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hereri.blog105.fc2.com/tb.php/1167-6a735f07

 | HOME | 

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。