ギターの音に乗せて、この音が届く限りの人へ言葉より優しい「ありがとう」を伝えたい。Mistletoe Music School 代表/Guitarist 山田忍ブログ

  Mistletoe Music Schoolのナビゲーター   トップページ > Ed Bickert  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ed Bickert 復刻版

2013 - 05/10 [Fri] - 21:17

生徒さんから情報を頂きました。
Kさん、ありがとうございます。

Ed Bickertのこの盤。レコードで持っている方も多いのでは?
紙ジャケで復活するそうです。



以前、「AT LAST」というタイトルで発売されたCDと内容は同じです。
この盤のタイトルはEd Bickertなのですが、
今回は「真夜中のエド・ビッカート」ってタイトルになったようです。
なんだそりゃ?私だったら「Quietly」ってタイトルが良いですね。
Bill MaysがEd Bickertの為に書いた曲でそんなタイトルの曲があった気がします。

レコードも持ってるし、At Lastも持っています。
と、書いておきながらファンとしては、
とりあえず保存用に1枚買おうかと思ってしまうのです(苦笑)

【Mistletoe Music School】ギター教室のご案内
【ABC Method Cycle Of Jazz】ジャズギター講座
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト

Ed Bickert

2012 - 12/09 [Sun] - 23:10

ディジーと共演してるこの画像は有名です。

音源の存在も知っていたのですが、
ムーコフマン名義のLPで、ディジーがフューチャーリングなので
なかなか、買う気になれなかったのですが、
先日、新譜が発売されてから、またよくエドビッカートを聴いているので、
はたしてエドビッカートはどれぐらい演奏しているのか知りたくなり購入。
演奏にはキーボードもいる模様。まだ聴いていませんが、楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これにもエドは参加してた気がします。ムーコフマン。

エド・ビッカート 新作

2012 - 12/01 [Sat] - 22:17

今日、横浜でのレッスンを終えると、
なんとエド・ビッカートの新作が届いていました。
12月7日発売じゃなかったっけ?


今、聴きながらブログ更新。
1曲目はBewitched!このトリオらしい!まさに極上のバラード!
最近はジムホールばかり聴いてましたが、
しばらくはこの作品にハマること間違いなし!

Amazonではまだ取り扱っていないみたいなので、
cornerstoneレコードから直接どうぞ!!

http://www.cornerstonerecordsinc.com/pages/cat140.html

私が注文した11月の時点では
paypalでのonline決済で、送料込¥1650でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンホーン・トリオ。この盤も結構楽しいですよ。
2枚組で1枚はRubby BraffとGene Dinoviのデュオですが、
2枚目はRubby Braff+Bicky Trioです。

Ed Bickert 80歳 Birthday

2012 - 11/10 [Sat] - 22:43

久し振りにEd Bickertページを更新しました。

80歳のバースディ・イベントが行われた模様です。


新譜も発売予定のようです。
Ed Bickert Page

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スーパーマリオ

2012 - 10/21 [Sun] - 01:22

先日、生徒さんが「自分もホームページ作ってみようかな」って。
うちのサイトも随分巨大化してしまいましたが。
ぜ~~~んぶ一から作っていきました。
どうサイトが成り立ってて、何を使って作っていくかも知らなかったし、
ホームページビルダーってのがあるのは教えてもらったけど、
当時はお金がなくて買えなかったし。

で、タグ打ちを覚えてコツコツ作って膨れ上がったサイトは
今よりもっと深かったのです。
最近は「なるべくスッキリ」でも「情報は多く」
そして「センス良くまとめる」という意識をもって
サイト作りをしているんですけど、
前は、それこそ隠しページの入り口がそこら中にあって、
スーパーマリオみたいになってました。
誰も到達できないから削除してしまったのですが、
また遊びがてら作ってもいいかなぁ・・・とも思いつつ。

今でも、ロンゲの若かりし日の写真が一枚だけ、
分かり辛い写真ですけどね。
ある部分をクリックすると見れるんです。
知っている人は知っている(笑)

今日もスタンダードを入力しつつ音楽鑑賞。
久し振りに聴いたのですが、エドビッカートのこの盤良いですよ~。

ヴァイブとテナーとギタートリオ。
伴奏はほとんどエドビッカート。
ヴァイブが良い雰囲気出してます。
ベースはドントンプソン。歌ってます。
ほとんどがスタンダードなので
エドビッカートのコードワーク・アプローチの勉強になります。

1.There will never be another you
2.My Funny Valentine
3.I've Grown accustomed to her face
4.When Sunny Gets Blue
5.Body and soul
6.Our love is here to stay
7.How insensitive
8.In A sentimental mood
9.Conversation
10.It might as well be spring
11.Prelude to A kiss

Bickert本

2012 - 09/25 [Tue] - 16:27

久し振りにエドビッカートのネタを生徒さんから頂きました。
なんとEd Bickertの本が出てる!!!
ただ・・・とっても胡散臭い。

コピー譜の1つでも掲載されていれば、
というかすかな期待と、話題作りの為に(笑)
Ed Bickertと書いてあると買わずにはいられないし^^
購入を決意しました。

86ページもあるんだから、
なにか貴重な情報が載っているんじゃないか?と思います。
でもどうにも気になる「High Quality content by WIKIPEDIA」って文。
WIKIPEDIAをまとめたモノだけだったら、どうしましょうね^^
と生徒さんとメールでお話ししていたわけですが・・・・

そして本日


届いたわけですが、まさに・・・・予想通り。
Ed Bickertの情報は数ページしかありません。
共演者の情報に、ジャズギターの情報、カナダの情報(笑)
これは買ってはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
悔しいからLiveを聴きながら、
発表会写真をアップロードしてました。



コレクター

2012 - 05/13 [Sun] - 00:23

$(KGrHqRHJDUE63ZSB8O9BPrPltjf9Q~~60_12

たまにe-bayを見るのですが、こんなのが出品されてました。
1979 11月・・・・よくまぁ残っているものです。
あれ・・・これ持ってたっけ?分かりませんが、
Ed Bickert・・・という名前が書いてあると欲しくてたまらなくなります(笑)

今、ローンロフスキーとエドビッカートの2作目。FRIENDSも出品されてました。
これはCD化されると聞いたけど、全然されない幻の盤。
欲しい方はお早目に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなCDを買ってみた。ラーゲ参加盤。

Paul Desmond

2011 - 10/28 [Fri] - 18:28

掲示板で情報を頂いたPAUL DESMONDの初CD化された作品
Audreyがやっと届きました。Audreyって誰?なタイトルですが
それはCDの裏に少し書いてありました。
残念ながら、ボーナストラックはありませんでしたが、
これは嬉しいですね。

確かPaul Desmondという名前そのままでLPが出ていました。
昔、結構よく聴いたのですが、LPということで
面倒で最近は全然聴いていませんでした。
Liveと同じメンツなので、
カナディアントリオの演奏が楽しめますよ^^

パーティーが終わったらHPにも追加しなければ。


Ed Bickert フルアコ弾いてます

2011 - 07/20 [Wed] - 00:52

アップされたばかりのED BICKERT
フルアコを弾いています。
http://www.youtube.com/watch?v=Vx6koywghCU

写真は撮らなかったけど、エドさん家でES175は見せてもらいました。
ハードケースを開けて見せてくれました^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近どのCDもありえない値段ばかり。
紹介出来るのは、これぐらいか・・・・。
私はドン・トンプソンとやっている盤のが好きです。
何故こちらが有名?エドが参加した最初の作品だからか・・・
ロンカーターとコニーケイが参加してるからなのか・・・。

ED BICKERTレア

2010 - 10/09 [Sat] - 22:46

せっかくの連休も大雨ですね。私はみっちり仕事です。
明日は毎年恒例の「さいたまつり」での演奏ですが雨やんでくれるといいなぁ。

今日帰宅するとレコードが届いていました。
ebayで600円ぐらい落札しました。
配送料を入れると2000円ぐらいになってしまいますが、
滅多に出ないレアなレコードだけにコレクター魂がくすぐられてしまいました(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジブリがボサノバに

雪崩

2009 - 11/20 [Fri] - 00:21

今日は仕事へ行く支度をしていたら、デスクで雪崩発生!
エドビッカート物のコレクションは別に置いてあるのですが、
それが落ちてきました。レコードは重たい・・・。
ローズマリークルーニーやデスモンドものはCDで手に入りますが、
昔のドン・トンプソン名義のものや、ムーコフマンのバックでの演奏は
大体LPです。20枚くらいありますが、かなり貴重です。
マニアにはたまりません。そんな作品もアリ。

と、そんな今日、エドビッカートについて話す機会があり、
熱く語ってしまいました。エドの話になると、うんちくも長くなります^^
そういえば、先日、カナダの「エドが大好き」なる人からメールが・・・
全部英語で、協力して欲しい・・・という内容だったのですが、
何の協力をしたらいいのか?何を困っているのか分からない内容だったので
無視しました。エド情報に関しては日本一じゃなく、世界一だと思っています(笑)
エドファンの方と熱く語りたい!
ここのヴォイシングはこうしてる!なんてマニアックな話まで出来たら最高だろうなぁ。

海外からのアクセスは結構多くて、
「教材を買いたい!」って海外からメールが来るけど、販売が出来ません。
paypalでも導入すれば、決済してもらえるのかなぁ。
インフォトップにも海外からの決済が出来たら・・・なんて提案を出してみたんですが、
販売物の大半が読み物で日本向けなので、需要がないのか難しそう。
今日も英語圏、フランス語圏からのアクセスが・・・・。
音や譜面には、国境がありませんから、こういう書籍を欲しい人は山ほどいるのに。
ATNなんかは、海外の譜面を日本語に翻訳して販売しているけど、
逆をやってくれる会社(協力者)が欲しいなぁと思うこの頃。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで、どういうわけで?エドさんです。
まだ聴いたことない方は是非。この人を追いかけてカナダに行ったんですから!


不愉快

2009 - 02/15 [Sun] - 00:46

Ed Bickert Bookを作成している方のBlogを読むと、
(my spaceのEd Bickertページ)
完全に作成を放棄した模様。

この本に関して多くの方がコメントを残し、
とても期待されていたと同時に
コピー譜をブログ上で募集しておきながら・・・
放棄した理由は自分のプロジェクトが忙しいからだと・・・。

2月に出来上がって完成するような話でしたが、
1月に突如、過去のブログが全て消去され、
再度書かれたブログで、こんな結末では、
読者は勿論、協力した採譜者も怒るでしょう。
私だって、貴重な譜面を公開したのは、
Ed Bickert Bookが良い教本になって欲しいからなのに・・・腹立たしい。
集めた40ページに渡るコピー譜は、公開されることもないでしょう。
本人の満足のために使われていると思うと、
その1部でも提供した側からすると、とても不愉快です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
良いトランペッターです。楽曲も面白いし。
過去の作品ではAdam Rogers と一緒にやってました。



 | HOME |  »

Mistletoe Music School

当スクールの動画チャンネル。動画で音楽の楽しさを配信中!チャンネル登録を是非お願い致します!

ミスルトゥ―講師陣で運営しているスクール・ブログです。教室のイベント紹介だけでなく、講師によるweb講座もあります。


Mistletoe Music School

いいね!お願いします♪

【良書】

カテゴリー

月別アーカイブ

    

プロフィール

忍

Author:忍
ジャズ・ギターを演奏しています。神戸元町・横浜元町・東京新橋でギター教室を運営しています。相互リンク募集中!
■Official Web Site

■Mistletoe Music School

■旧レッスンデータページ

■関東でのレッスン場所

■ジャズギター無料講座

■メール

■生徒ギターアルバム

■Sound Plan M

Jazz Guitar教室・教材楽譜

■Winter Tales
ご購入お申し込みはこちら

美しい音色のSax奏者石田寛和氏と私のギターで心温まる優しい8編の冬物語。クリスマスソング集。


■大人の音楽ドリル [For All Instruments] 
~詳細・お申し込みはこちら

第1章:調判定、第2章:音程・コード構成音、第3章:スケールとその構成音、第4章:スケール選択方法など、
考えれば分かるけれどスッと出てこない方のための問題集です。 各章、説明分と31日分、計124日分の問題と解答が御座います。

愛用中


来訪者数

リンク

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。